換気扇の掃除は業者にしてもらうのが1番|ベトベト油汚れの悩み解決

クリーニング

掃除なら業者に任せる

部屋

洗濯槽の掃除やガラスコーティングなど普段は掃除をしないところも、業者なら綺麗にしてくれます。ハウスクリーニングをしてもらうことで衛生的な生活になるため、定期的に見てもらった方が良いでしょう。

View Detail

部品も掃除してくれる

作業員

キッチンなどの掃除が大変なところの作業は、清掃業者に頼むといいでしょう。部品を取り外して丁寧に汚れを落としてくれるため、使用当初のような状態になります。業者選びは慎重に行なうと勧誘などされません。

View Detail

油汚れを落とそう

女性

換気扇の掃除は丁寧に行った方が良いです。「フィルターがあるからそこまで掃除をしなくても良い」と思っている方もいますが、フィルターを付けていても換気扇の中は油まみれです。油が付いた換気扇を放置していると上手く換気を出来なくなるため、ほこりに付着した油が部屋中に漂い壁などに付いてしまうのです。床だけでなく壁までベトベトしてしまうでしょう。また、ダクトも汚れてしまい、頑固な油汚れとなってしまいます。そして、油汚れが大好物のゴキブリが寄ってきやすいのです。そのため、自分で掃除をするのが大変な方は、業者を呼んで掃除をしてもらうようにした方が良いでしょう。

しかし、定期的に掃除をするのは時間が掛かってしまうため、難しいのが現状です。年末年始の大掃除シーズンにしかやらないと言う家庭も多いでしょう。そのような方は、専門業者に依頼をして1年間の頑固な汚れを掃除してもらうと良いです。家庭での掃除とは違う方法で汚れを落としてくれるため、スムーズに換気扇は綺麗になります。内部も取り出して細部まで手を抜かずに掃除をします。分解出来るところは分解して掃除をするため、長持ちのする換気扇になるのです。油汚れがひどいと部品が壊れやすくなり動かなくなってしまうケースもありますので、出来る限り隅々まで徹底して掃除をすることが大切です。
換気扇の掃除は時間が掛かるため、長い時間が空いた時にしか出来ません。その間放置をしていると汚れが落ちにくくなるため、面倒に感じてしまうのです。ですから、そういった時こそ業者に依頼をするのが得策でしょう。

定期的な作業が肝心

拭き掃除

ダクトは換気扇よりも油やホコリなどで汚いです。5年に1度は業者にダクト清掃をしてもらうことで、清潔な状態を維持出来ます。業者なら点検やメンテナンスをスムーズに行ってくれます。

View Detail